CONTENTS
「賃貸 トラブル」
に関連するツイート
Twitter

開業する前に買い揃えておくもの【ふれんず購入サイト】 ・額縁×3→ネット? ・不動産取引台帳(賃貸、売買) ・従業者証明書 ・看板(ロゴ付き) ・イーゼル →オススメの本があって便利だった。不動産投資や境界、トラブル事例集などここの本を書いまくって読んで自分に投資しよう。 pic.twitter.com/5q3ZSfFRRB

Twitterテシマ ⌘ドローンを飛ばす不動産屋@teshishima

返信 リツイート 7分前

返信先:@5JP0E45ZrmGkV51 またご住居関係で何かあったんでしょうか? 24時間対応の賃貸トラブル相談室とかもあるみたいですが、やはり法律テラスの方が対応してもらえるのかなとも思います。 速く心配事解決できること願っております!

【記事更新しました!】 賃貸経営の「生活音や騒音のトラブル」は相談数も多く、厄介なトラブルの一つです。 音の感覚は建物の構造や生活習慣、心理的要因や個人差があるため、より慎重な対応が必要です。 今回は騒音問題のパターン別対応方法をご紹介していきます! busi-base.com/noise-problem

Twitterキク@不動産投資家ブロガー@busi_base

返信 リツイート 昨日 22:52

仕事終わりに家のトラブルきついよー。眠れない上に当番ときた。これが工事ってなって休みの日に立ち会い必要になったらもう地獄。また休み潰れる。いや次の休みは高飛びするから自分のために休む!賃貸だから部屋のトラブルは大家さんに任せる!!絶対次こそ自分のために休み使う!!

【連載】ADRの現場から 話し合いでトラブルを解決 73 カビ・ダニ測定技能士(3) 賃貸住宅でのダニトラブル buff.ly/2Y8m3HJ #住宅新報 #不動産資格 pic.twitter.com/wSGxD0OsMF

RT @Hi_MOVE01: 賃貸物件で色々なトラブルが起きた際に、大家さんに無断で修理手配をすることは原則NGとなっています。そのため、自分で業者へ連絡を入れるのは、緊急事態が起きた時のみにしましょう!その際は、領収書をお忘れなく!! #引越し豆知識

RT @Hi_MOVE01: 賃貸物件で色々なトラブルが起きた際に、大家さんに無断で修理手配をすることは原則NGとなっています。そのため、自分で業者へ連絡を入れるのは、緊急事態が起きた時のみにしましょう!その際は、領収書をお忘れなく!! #引越し豆知識

TwitterHi!MOVE 【写メるだけで引越し見積り】@Hi_MOVE01

返信 リツイート 昨日 19:50

ご近所トラブルに発展しかねない問題を、管理会社に訴えたけど1年放置されたので、今日の設備点検の人にもう一度伝えた…なにか対応してくれるといいけど、オーナー次第なんだよねぇ。賃貸って難しい… すごい迷惑掛けてるけど、賃貸なの知ってるから我慢してくれてるお隣さんマジで神だよ😢

返信先:@libra1352 え〜〜!随分とお引越しなさったのですね😂うちは賃貸で、たまたまクーラー付きでしたからラッキーでしたけど、わざわざ買うのはちょっと…フランス🇫🇷ですからね…(トラブルしか浮かばない😅)熱中症に気をつけて下さいね‼️

おやおや、例の小室圭さん、 隠し録音はダメですよ 相手に録音してることを伝えてないで録音はするのは証拠にとかには使えないって弁護士さんに言われたことあるよ。賃貸トラブルの時にね。

Twitter😎とも@桜月夜/SORA💛💙@tomochi0510

返信 リツイート 昨日 13:00

賃貸アパートのトラブルの定番といえば

賃貸アパートのトラブルの定番といえば 賃貸アパートで発生するトラブルの定番と言えば、退去時の追加請求に関することでしょう。
部屋に傷や汚れがあれば、次の住人のためにそれを修繕するのは当然のことではありますが、悪質なところでは身に覚えがない部分までクレームをつけられることがあります。
これをやられてはたまったものではありません。
ここで大きなトラブルとなった経験がある方も多いのではないでしょうか。
このような賃貸アパートのトラブルを回避するためには、入居時の対応にも注意しなければなりません。
見学時に気になるキズや汚れがあれば、すべてを修繕してもらうように交渉しましょう。
また、指摘しても修繕をされないようなケースであれば、必ずそれらの箇所を写真に残しておきましょう。
当日の日付がわかるようなものと一緒に撮っておくと効果的です。
そこまでするのかと思う方もいらっしゃるとは思いますが、そこまでしてようやく最低限の退居時の準備ができたと言えるでしょう。

賃貸アパートの業者選びについて

賃貸アパートを仲介している業者は、不動産屋ですが、それぞれのお店に特徴があります。
そのため、利用する前に傾向を知っておくと良いでしょう。
例えば、全国展開している大手は、豊富な物件情報を持っています。
また、自社物件もあるので、何かしらの住居は見つけられます。
そして、地元で営業を長年してきている不動産屋は、他では見られない物件がある可能性があります。
地元の大家が優良物件の仲介を依頼しているという事例もありますし、その地域をメインに扱っているため、必然的に地元物件の扱いが多くなります。
賃貸アパートは、このように扱う業者によって異なります。
したがって、事前に傾向を掴んでおくと良いです。
ただ、最近は、ネットワーク化されており、一応他の不動産屋で扱う物件情報を知ることができるため、この点の個性は薄れつつあります。
しかし、専任媒介の場合もまだありますので、この傾向の違いは意味を成していないわけではありません。