CONTENTS
「賃貸 トラブル」
に関連するツイート
Twitter

アメブロを更新しました。 『賃貸マンションの玄関ドアのトラブル調査』 #玄関ドア #玄関ドア修理 ameblo.jp/asakurahouse/e…

Twitterアサクラハウス 朝倉聖也@asakurahousekk

返信 リツイート 8:54

持ち家vs賃貸論争とかけまして、ヒットソング「ロード」とときます。そのこころは、トラブル(虎舞竜)の元です。

Twitter酒チャンス君(β)@sakechance

返信 リツイート 5:15

【ゲストハウスでルームシェア・長期滞在するメリット】 賃貸契約と違い部屋を借りる際の雑多な手続きが不要 滞在費が安い 必要最低限の生活用品は備えつけてある 病気や終電逃し、その他トラブル時は管理人が対応 博多にも天神にも電車一本の立地 最寄駅徒歩二分 WiFi完備

Twitterゲストハウス南福岡 since 2013@skc15064

返信 リツイート 5:15

【足立区編】賃貸物件でホントにあったトラブル体験談 bit.ly/2BEYjBm #月曜日から夜更かし #ボンビーガール #東京に住みたい #部屋探し #賃貸 #引越し #一人暮らし

Twitter東京23区口コミ・評判@_tokyo23ku

返信 リツイート 5:03

返信先:@Altena_sky 今の家は家でめっちゃ広くて、近隣トラブルもなく、猫を特例で認めてくれたいい大家さんと良条件だから出ていきたくないけど、こういう部屋に憧れる。賃貸だと思うように配置できなくてムズムズするねー。

こっちもさすがに日割りできないわ、通常使用の範囲でシンクの錆やら浴室の鏡の鱗、床のワックスがけまで原状回復費用で請求されるのは全く承服できない。 市の相談窓口とかへ、賃貸トラブルを持ち込みます!!!

RT @Shichigatsu07: 引っ越す前に借りていた物件の管理業者に話を詰めることひと月。 当初業者が請求してきた額の4割減させた額で話がまとまった。 これも賃貸トラブル助け隊さん@Ttoraburuの助言のお陰です。 本当にありがとうございました。

Twitter賃貸トラブルたすけ隊の相談者の声@NPOkutikomi

返信 リツイート 昨日 21:02

いつの間にかフォロワー様が100人になってるやん。嬉しい😆。ツイート始めて1か月かかった。最初は賃貸退去トラブルを知って欲しくて始めたんだけどだんだん株ツイートになっていった。私の人生、株しか知らない金儲けマシーンのような人間ですが、これからも仲良くして下さい。

Twitterペンギン@職歴なしでも家は建つ@pengin_1971

返信 リツイート 昨日 20:26

賃貸住宅に初めて住む人は必見。敷金トラブル防止と解決に役立ててほしい。

民法改正の施行で、賃貸物件の「勝手に修繕」トラブル増?(幻冬舎ゴールドオンライン) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/article?a=2020…

賃貸アパートのトラブルの定番といえば

賃貸アパートのトラブルの定番といえば 賃貸アパートで発生するトラブルの定番と言えば、退去時の追加請求に関することでしょう。
部屋に傷や汚れがあれば、次の住人のためにそれを修繕するのは当然のことではありますが、悪質なところでは身に覚えがない部分までクレームをつけられることがあります。
これをやられてはたまったものではありません。
ここで大きなトラブルとなった経験がある方も多いのではないでしょうか。
このような賃貸アパートのトラブルを回避するためには、入居時の対応にも注意しなければなりません。
見学時に気になるキズや汚れがあれば、すべてを修繕してもらうように交渉しましょう。
また、指摘しても修繕をされないようなケースであれば、必ずそれらの箇所を写真に残しておきましょう。
当日の日付がわかるようなものと一緒に撮っておくと効果的です。
そこまでするのかと思う方もいらっしゃるとは思いますが、そこまでしてようやく最低限の退居時の準備ができたと言えるでしょう。

賃貸アパートの業者選びについて

賃貸アパートを仲介している業者は、不動産屋ですが、それぞれのお店に特徴があります。
そのため、利用する前に傾向を知っておくと良いでしょう。
例えば、全国展開している大手は、豊富な物件情報を持っています。
また、自社物件もあるので、何かしらの住居は見つけられます。
そして、地元で営業を長年してきている不動産屋は、他では見られない物件がある可能性があります。
地元の大家が優良物件の仲介を依頼しているという事例もありますし、その地域をメインに扱っているため、必然的に地元物件の扱いが多くなります。
賃貸アパートは、このように扱う業者によって異なります。
したがって、事前に傾向を掴んでおくと良いです。
ただ、最近は、ネットワーク化されており、一応他の不動産屋で扱う物件情報を知ることができるため、この点の個性は薄れつつあります。
しかし、専任媒介の場合もまだありますので、この傾向の違いは意味を成していないわけではありません。