CONTENTS
「賃貸 トラブル」
に関連するツイート
Twitter

賃貸経営ネット」では入居者様の水回りやガスなど暮らしのトラブルを24時間対応で解決いたします!詳しくは下記のURLをご覧ください♪ chintai-keiei.net/service/troubl… #賃貸経営ネット #24時間駆けつけサービス #賃貸

Twitter賃貸経営ネット@ChintaiKeieiNet

返信 リツイート 1:06

RT @inubueoshiruko: 先日、賃貸住宅を退去する際に、まさかの13万円も請求されまして...。 お金を取り返すために色々と勉強して対応したので、せっかくなのでnoteにまとめました。 同じように、敷金トラブルなどで悩んでいる方の役に立ちましたら幸いです。 htt…

賃貸の契約に必要なもの 見逃しがちな重要事項説明書というものがあります。これに目を通していない事でトラブルになるケースもありますのでしっかり読んで、疑問に思うところは契約前に聞いておきましょう。

Twitterエンジェルマーケットパートナーズ@angel_partner11

返信 リツイート 昨日 18:25

RT @inubueoshiruko: 先日、賃貸住宅を退去する際に、まさかの13万円も請求されまして...。 お金を取り返すために色々と勉強して対応したので、せっかくなのでnoteにまとめました。 同じように、敷金トラブルなどで悩んでいる方の役に立ちましたら幸いです。 htt…

これはいい。今は秘密保持契約のみだけど、どんどん対象を広げてほしい。特に個人用途、例えばクレカや賃貸の契約に適用できると嬉しい。今は完全に個人の能力に依存しており、録に読まずにサインする人によるムダなトラブルが社会全体での対応コストの総量を押し上げてるはず nikkei.com/article/DGXMZO…

先日、@NPO71826245 賃貸トラブルたすけ隊さんに相談したら、非常に丁寧に対処方法を教えてくれました!ありがとうございます! とても素敵な方でした😊🌠

Twitterはる@子育てパパSE👨‍👩‍👦リベ大ファン😺@hnbwy0802

返信 リツイート1 昨日 14:32

@NPO71826245 賃貸トラブルたすけ隊さんに相談したら、優しく丁寧に教えてもらえました。経済的に賃貸がいいけど、問題が起きることも・・・。そういうときに頼れる方がいるのは心強い!ありがとうございました!

RT @inubueoshiruko: 先日、賃貸住宅を退去する際に、まさかの13万円も請求されまして...。 お金を取り返すために色々と勉強して対応したので、せっかくなのでnoteにまとめました。 同じように、敷金トラブルなどで悩んでいる方の役に立ちましたら幸いです。 htt…

賃貸アパートの管理会社とお金絡みの件でトラブルがあって、消費者センターに相談したの。で、相談員が直接管理会社と話してくれるってゆうんでセンターまで足を運んだのに、いくつか管理会社から取り寄せて欲しい書類があると言われて後日取り寄せましたが…

Twitter貧乏なうつ病もち。@marie88295797

返信2 リツイート3 昨日 1:57

RT @inubueoshiruko: 先日、賃貸住宅を退去する際に、まさかの13万円も請求されまして...。 お金を取り返すために色々と勉強して対応したので、せっかくなのでnoteにまとめました。 同じように、敷金トラブルなどで悩んでいる方の役に立ちましたら幸いです。 htt…

賃貸アパートのトラブルの定番といえば

賃貸アパートのトラブルの定番といえば 賃貸アパートで発生するトラブルの定番と言えば、退去時の追加請求に関することでしょう。
部屋に傷や汚れがあれば、次の住人のためにそれを修繕するのは当然のことではありますが、悪質なところでは身に覚えがない部分までクレームをつけられることがあります。
これをやられてはたまったものではありません。
ここで大きなトラブルとなった経験がある方も多いのではないでしょうか。
このような賃貸アパートのトラブルを回避するためには、入居時の対応にも注意しなければなりません。
見学時に気になるキズや汚れがあれば、すべてを修繕してもらうように交渉しましょう。
また、指摘しても修繕をされないようなケースであれば、必ずそれらの箇所を写真に残しておきましょう。
当日の日付がわかるようなものと一緒に撮っておくと効果的です。
そこまでするのかと思う方もいらっしゃるとは思いますが、そこまでしてようやく最低限の退居時の準備ができたと言えるでしょう。

賃貸アパートの業者選びについて

賃貸アパートを仲介している業者は、不動産屋ですが、それぞれのお店に特徴があります。
そのため、利用する前に傾向を知っておくと良いでしょう。
例えば、全国展開している大手は、豊富な物件情報を持っています。
また、自社物件もあるので、何かしらの住居は見つけられます。
そして、地元で営業を長年してきている不動産屋は、他では見られない物件がある可能性があります。
地元の大家が優良物件の仲介を依頼しているという事例もありますし、その地域をメインに扱っているため、必然的に地元物件の扱いが多くなります。
賃貸アパートは、このように扱う業者によって異なります。
したがって、事前に傾向を掴んでおくと良いです。
ただ、最近は、ネットワーク化されており、一応他の不動産屋で扱う物件情報を知ることができるため、この点の個性は薄れつつあります。
しかし、専任媒介の場合もまだありますので、この傾向の違いは意味を成していないわけではありません。